アメリカ株式会社設立,タックスリターン 米国税理士会計事務所

バーチャルオフィス・サービスご紹介

登記上の住所、郵便物受け取り住所、海外拠点として、バーチャルオフィス・サービスを提供しています。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィス・サービスをご利用いただくと、名刺などに住所と電話番号を記載していただくことが可能となります。もちろん、届いた郵便物は定期的に転送しますし、電話は転送するか、秘書代行としてお客様に代わって受けることも可能です。

バーチャルオフィスとして利用できる都市

1) ラスベガス(ネバダ)        $680/年間
2) シアトル(ワシントン)       $680/年間
3) ロスアンゼルス(カリフォルニア)  $780/年間(ウイルシャー通り)
4) ホノルル(ハワイ)         $780/年間(ワイキキ)
5) ニューヨーク(ニューヨーク)    $780/年間
6) デラウェア(デラウェア)      $780/年間
7) ポートランド(オレゴン)      $680/年間

<複数ご利用で割り引きとなるプランもご用意しています>
1) アメリカ2都市パッケージ     $1360/年間
2) アメリカ3都市パッケージ     $1480/年間
3) アメリカ5都市パッケージ     $1780/年間

シアトル ロサンゼルス
シアトル ロサンゼルス
ホノルル ニューヨーク
ワイキキ(ハワイ) ニューヨーク

メリット

ニューヨーク、シアトル、ロサンゼルス、ラスベガスなど世界中の知名度のある都市でオフィスを設立することはお客様に好印象を与えるだけではなくステータスアップにも貢献します。

基本バーチャルオフィスサービス

1)メールボックスサービス
* お客様用の各都市のご住所をご提供します。
* 住所は、法人登記住所、ビジネス用としてもご利用いただけます。
* 住所を名刺等にご使用いただけます。
* 郵便物の受け取り、保管、転送サービスがご利用いただけます。
* 郵便物転送のための料金は、別途実費+手数料10ドルを申し受けます。

2)共通電話番号提供サービス
* 電話番号は複数社で共有の番号を利用します。(個別対応が可能な番号はオプションです)

オプションサービス

1)個別電話 指定先への転送 料金 495ドル/年間
専用電話を開設してかかってくる電話を米国・日本などの指定番号に転送します。
含まれるもの:
専用電話開設・維持・電話料金・転送料金 
*ハワイ州の場合、追加料金が必要になります。

2)個別FAX 指定先への転送 料金 495ドル/年間
専用FAX番号を開設して送付されるFAXを指定のeメールに転送します。
含まれるもの:
専用FAX番号開設・維持・FAX料金・転送料金

3)セクレタリー(秘書)サービス 料金 280ドル/月
ミニマム6ヶ月間
西海岸時間の10:00〜17:30まで専用電話にかかってくる電話に日米バイリンガルが対応します。誰からどんな内容がきたのか、電話、eメールなどでお伝えします。

4)セクレテリー(秘書)サービス・アップグレード 料金 480ドル/月
ミニマム6ヶ月間
西海岸時間の10:00〜17:30まで専用電話にかかってくる電話に日米バイリンガルが対応します。誰からどんな内容がきたのか、電話、eメールなどでお伝えします。更にかけてきた人に対する返答をお客様の指示のもと、日米どちらかの言葉で行います。遠隔地のお客様の指示にそって返答をおこなうサービスです。

5)その他の業務代行サービス。(別途実費を申し受けます。)

サービス紹介の目次ページへ戻る

↑ PAGE TOP