アメリカ株式会社設立,タックスリターン 米国税理士会計事務所

アメリカ・ネバダ州法人設立支援サービス

アメリカ合衆国ネバダ州に株式会社を設立するデメリット

ラスベガス法人を設立する多大なメリットはありますが、お客様によってはデメリットと考えられる事項について、具体的に列挙しておきます。

デメリットと捉えられる可能性のある事項

  • 税務会計の必要性が生じること。(アメリカの法人として、決算を行う必要性があります)
  • 税務申告で二重の手間となりうること。
    (日本で申告し、アメリカでも申告しなければならない場合も出てきます。 ただし、日米租税条約によって、もう一方では納める必要はありません。税金の二重取りはないということです。)
  • マネー・ロンダリングや脱税目的との疑いをもたれる可能性。(確定申告をして、その控えを日本に持っておくこと)
  • 実態のない「幽霊会社」だとの疑いをもたれる可能性。(ビジネスライセンス、謄本などの控えを日本に持っておくこと)
  • 日本で法人として活動するためには、日本でも営業所登記しなくてはならない。
  • 日本でも営業所登記しないと、金融機関を利用できない。
  • 毎年、登記を維持するための手続き、費用が必要。(日本でも同じ)
  • 規制される法律は日本の商法や会社法ではなく、アメリカの現地の法律に規制される。

上記は、お客様によっては、デメリットとなりうる事項について箇条書きしたものです。アメリカで会社設立に関して、不安のある方は、お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

アメリカ・ネバダ州 ラスベガス法人設立支援サービスページへ戻る

↑ PAGE TOP