ニュース2005年度タックスリターン変更点

米国タックスリターン2005 年の主な変更点(個人)

2005年度の米国タックスリターンに関して、主な変更点を項目毎にまとめました。ご参考ください。

IRA 控除

個人年金プランのIRAへの収入から控除できる拠出額の制限が4000ドル(50歳以上の場合は4500ドルに増えました。

申告期限

従来4/15が申告期限で4ヶ月の期限延長および2ヶ月の追加期限延長(特別な理由が必要)が認められていましたが、最初から6ヶ月の期限延長が認められることになりました。

車・船・飛行機による寄付

500ドル以上の価値のある車・船・飛行機による寄付は1098-Cという書式を用い、それが販売される時の価値までのみ寄付金額を認めることになりました。

標準控除

夫婦合算申告の場合、10000ドルまで標準控除されることになりました。

特別減価償却

同時多発テロのあと、景気刺激策として採られていた事業用特別償却が無くなります。

ハリケーン被害救済特別法

ハリケーン・カトリーナによる被害の救済の為、被害を受けた人に対する特別法が制定されました。

上記それぞれの項目の詳細についても、追々本サイトでご紹介していく予定です。

 

ニュースの目次ページへ戻る