アメリカ株式会社設立,タックスリターン 米国税理士会計事務所

 

アメリカ株式会社設立,タックスリターン 米国税理士会計事務所

アメリカ株式会社設立,タックスリターン 米国税理士会計事務所

ビジネス用自動車の減価償却

IRS Offers Advice on Claiming Depreciation Including Depreciating Automobiles and SUVs

 

最大控除額制限の適用範囲に該当する自動車

自動車によっては全減価償却額を一年で支出として控除が可能です。2004年米国雇用創出法執行に伴い乗用車、SUV、トラック、バンに関する減価償却額控除のルール、とりわけ高級自動車に対する制限がIRSにより明確にされました。
The American Jobs Creation Act (AJCA) of 2004 clarified the rules regarding allowable depreciation deductions for automobiles, sport utility vehicles (SUVs), trucks, and vans, especially with regards to the “Luxury Auto Limitations” under Internal Revenue Code 280F and the Section 179 expense election. This is important because determining whether a vehicle falls under the luxury limits is the first step in computing depreciation for a vehicle.

最大自動車制限に該当する車両(Vehicles That Qualify for the Maximum Auto Limitations)

自動車によっては一年に減価償却を控除申請できる額に制限があります。減価償却制限に該当する自動車は以下の二つのカテゴリーに分けられます。
Certain vehicles are limited in the total amount of depreciation that can be claimed in one year. Vehicles that qualify for the implementation of the depreciation limitations under section 280F fall under two categories:
l 重量6,000パウンド(約2,721.60Kg)未満の四輪乗用車
l 重量6,000パウンド(約2,721.60Kg)未満の個人使用外(事業用)の規定に該当しない自家用トラック、バン、SUV

Passenger automobiles that are four-wheeled vehicles with an unloaded gross vehicle weight of 6,000 pounds or less and manufactured primarily for use on public streets, roads, and highways.
Trucks, Vans and SUV’s that are passenger automobiles built on a truck chassis (includes minivans and sport utility vehicles (SUV’s), manufactured primarily for use on public streets, roads, and highways and that have an unloaded gross vehicle weight of less than 6,000 pounds that do not meet the description of a non-personal use vehicle (see “exempt vehicles”)).

減価償却全額控除できる可能性のある方法としては以下の三通りがあります。
l セクション179支出控除(一年目のみ)
l ボーナス控除
l 年間控除
There are three possible components of a vehicle’s total depreciation deduction. They are;
The Section 179 Expense deduction (for the first year only)
Bonus depreciation (also only for the first year), and
Annual depreciation.


以上の三つの減価償却全額控除の方法には制約、制限があります。自動車に関しましてはIRSセクション280Fによって原価償却全額控除に制限があります。
Each component of the total depreciation deduction has its own restrictions and limitations, and there is a limitation on the amount of total depreciation allowed for vehicles subject to the IRC 280F limitation. Publication 463, Travel, Entertainment, Gift & Auto Expenses and Publication 946,
How to Depreciate Property, explain these limits and contain additional information on the Section 179 expense, bonus depreciation and annual depreciation.

最大自動車制限に該当しない自動車(Vehicles That Are Exempt From The Maximum Auto Limitations)

IRSセクション280Fに関する最大自動車制限に該当しない自動車としては以下のものがあげられます。
トラック、バン、SUVでトラック車台を持つ
l 6,000パウンド(約2,721.60Kg)以上のトラック、バン、SUV または
l 6,000パウンド(約2,721.60Kg)未満の認定された個人使用外(事業用)規定に改造されたトラック、バン、SUV

Vehicles that are exempt from the Section 280F limitations are trucks, vans, and SUV’s that are:
Built on a truck chassis and have an unloaded gross vehicle weight of more than 6,000 pounds or trucks, vans and SUV’s that are under 6,000 that have been modified to meet the description of a "qualified non personal use vehicle". See Chapter 5 of Publication 946 or Rev Proc 2004-20 for more information.

使用開始日が2004年10月23日以前(Placed in Service Before October 23, 2004)
2004年10月23日以前より購入使用開始された自動車に関しましてはセクション179に関する特別な制限若しくはボーナス減価償却と年間原価償却の制限に該当します。最大減価償却額制限には該当しません。
If an exempt vehicle was placed in service before October 23, 2004 it is subject only to the specific limitations applicable to the Section 179 expense election, bonus depreciation and annual depreciation. It is not subject to any maximum depreciation limitations.

使用開始日が2004年10月22日以降(Placed in Service After October 22, 2004)
2004年10月22日以降に購入使用開始された自動車でいくつかのSUVに関しましては2004 年米国雇用創出法セクション910によりセクション179部分の減価償却額が最大$25,000に制限されています。該当車両は以下のものになります。
l セクション280Fに該当しない車両で 且つ
l 14,000パウンド未満の車両
If an exempt vehicle was placed in service after October 22, 2004, the AJCA of 2004 Section 910 limits the Section 179 expense portion of the depreciation amount to $25,000 for certain SUV’s that are:
· not subject to Section 280F and
· are rated at 14,000 lbs of gross vehicle weight or less.

Exempt Vehicles Not Subject to the $25,000 Section 179 Limitation
以下の条件を満たしている自動車に関してはセクション179の$25,000制限には該当しません。
Exempt vehicles that meet any of the following criteria are not subject to the $25,000 Section 179 limitation if they are:
l 運転席後部に九席以上ある車両 または
l 最低6フィートの室内カーゴエリア(オープンエリア若しくはオープンエリアとしてデザインされているがカバーされていて乗客席から簡単にアクセスできない)のある車両 または
l 後部座席のないカーゴバンなど

Designed to have a seating capacity of more than 9 persons behind the drivers seat,
Equipped with a cargo area of at least 6 feet in interior length which is an open area or is designed for use as an open area but is enclosed by a cap and is not readily accessible from the passenger compartment, or
Designed with an integral enclosure, fully enclosing the drivers compartment and load carrying device and does not have seating rearward of the drivers seat and has no body section protruding more than 30 inches ahead of the leading edge of the windshield.

ビジネスで使用された乗用車の最大$2,960までがセクション179減価償却控除できる可能性があります。電気自動車に関しましては最大$8,880控除できる可能性があります。6,000パウンド未満のトラック、バンに関しましては最大$3,260が支出として控除できる可能性があります。
Depreciation limits on business vehicles. The total section 179 deduction and depreciation you can deduct for a passenger automobile (that is not an electric vehicle or a truck or van) you use in your business and first placed in service in 2005 is $2,960. The maximum deduction for an electric
vehicle is $8,880. The maximum deduction you can take for a truck or van you use in your business and first placed in service in 2005 is $3,260. See Maximum Depreciation Deduction in chapter 5.

要約としましては
2004年10月23日以前に購入使用開始された6,000パウンド以上の事業用トラック、バン、SUVに関しましては、最大$25,000の原価償却には該当しません。
該当車両例: ランドクルーザー 6,925パウンド、タンドラ 6,800パウンド、セコイア 6,600パウンド、ハマーH2 8,600パウンドなどがあげられます。
2004年10月22日以降に購入使用開始された14,000パウンド未満の事業用トラック、バン、SUVで上記説明の例外規定に該当しない車両に関しましては、最大$25,000の原価償却に該当します。

資料文献:IRS website
IRS Offers Advice on Claiming Depreciation Including Depreciating Automobiles and SUVs

2007/02/10 翻訳 by 渡辺仲川米国税理士会計事務所 杉本
※渡辺仲川米国税理士事務所の許可なく翻訳文を転記・掲載することをお断りします。

アメリカIRSニュース・タックスリターン IRS(米国国税庁)発表ニュースの日本語訳の目次ページ

アメリカ会計事務所 渡辺仲川アメリカ会計事務所のトップページ

アメリカ株式会社設立,タックスリターン 米国税理士会計事務所

 
     

↑ PAGE TOP