アメリカ株式会社設立,タックスリターン 米国税理士会計事務所

米国税法上米国市民権・永住権・グリーンカード放棄 申請記録確認サービス

アメリカ税法上米国市民権・永住権・グリーンカード放棄 申請記録確認サービス

アメリカ税法上の市民権・永住権・グリーンカード放棄申請がアメリカ国税庁IRSにより受理されているかどうかを確認いたします。

米国税法上市民権・永住権・グリーンカード放棄とは

アメリカの市民権・永住権・グリーンカードを放棄する場合、移民法上の放棄手続きと税法上の放棄手続き2つを例外を除き基本的に行う必要があります。税法上の米国市民権・永住権・グリーンカード放棄を申請する際は、Form8854を諸条件に基づいてIRSへ提出します。この税法上の手続きを対応せずに、移民法上の市民権・永住権・グリーンカード放棄のみをしても、税法上において市民権・永住権・グリーンカード放棄をしたとはみなされませんので注意が必要です。万が一、Form8854の申告基準に該当するにも関わらず、提出を怠った場合、10,000ドルのペナルティが課される可能性があります。

フォーム8854を提出することにより、過去5年間の平均収入や資産保有高など考慮して資産家の節税目的とIRSが判断しなければ、それ以降の確定申告(タックスリターン)は不要です。

アメリカ税法上市民権・永住権・グリーンカード放棄書類作成サービス

当事務所では、税法上市民権・永住権・グリーンカード放棄書類作成サービスを行っております。こちらの詳細についてはこちらのページにてご確認ください。

http://www.nevada-tax.com/4i_greencard.html

米国税法上市民権・永住権・グリーンカード放棄申請受理の確認サービス

よくお客様からアメリカ移民法上の市民権・永住権・グリーンカード放棄の場合は、パスポートにスタンプが押され、放棄の受理が明らかにわかりますが、米国税法上の市民権・永住権・グリーンカード放棄は受理が適切に行われたか分からないのでしょうか、と問い合わせを受けます。確かにIRSは、問題がない限りレターは送ってはきませんので、米国税法上市民権・永住権・グリーンカード放棄が適切に処理がされているのか分かりません。そのようなご心配をできる限り減らせるよう、当事務所では1996年以降にForm8854を米国国税庁IRSへ提出されている場合、アメリカ税法上の市民権・永住権・グリーンカード放棄が受理されているか確認サービスを提供しております。2ステップで行います。

1996年より前につきましてはご連絡ください。

1ステップ 簡易確認サービス $290 (調査時間1時間まで)

    ↓

簡易確認サービスで確認が取れなかった場合

    ↓

2ステップ 詳細確認サービス 実費請求 実費請求(1時間125ドル、15分単位)

IRSへ直接交渉し、確認いたします。

フォーム8854を作成・申請費用・・・・580ドル 
*みなし売却計算など複雑な場合は追加料金あり

フォーム8854を作成する際、必要な過去5年間の納税申告記録をIRSから取り寄せます。
過去5年間の納税記録調査費用・・・・250ドル

↑ PAGE TOP